ビューティーオープナーで妊娠中や授乳中のスキンケアをしても問題ないか販売店に質問しました

【最新情報】

 

ビューティーオープナーの注文多数で、定期キャンペーンが終了間近です。

 

プレゼント付きでお試ししたい人は急いで!

 

>>すぐに初回65%OFFの公式キャンペーンを見る

 

 

妊娠中や授乳中は、特に肌荒れが起きやすいので、ビューティーオープナーを継続して使用したい方は気になりますよね。

 

ネットで調べてもはっきりとした情報が見つからなかったので、販売会社のオージオ化粧品に電話で確認してみました。

 

ビューティーオープナーは妊娠中や授乳中でも使用できる?

 

結論としては、妊娠中や授乳中でもビューティーオープナーを使用して大丈夫ということがわかりました。

 

電話のやり取りを公開します

 

以下が、電話でのやり取りです。

 

私:

 

「授乳中で肌が敏感になっています。

 

ビューティーオープナーは、妊娠中や授乳中も安心して使用することができますか?」

 

担当スタッフ:

 

「はい、問題なく、ご使用いただけます。

 

サプリやドリンクのように口から摂取するものではないので、市販の化粧品などと同じように、妊娠中や授乳中でも安心してご利用いただけます。

 

肌に合わなかったり効果を感じられなかった場合は、定期コースの一時休止も可能ですので、ご安心ください。」

 

以上のように、ビューティーオープナーは妊娠中や授乳中でも問題なく使用できるということでした。

 

ビューティーオープナーは、合成香料や合成着色料などが含まれておらず、品質保証についても国際規格を取得した工場で製造されています。

 

そのため安全性も高く、妊娠中や授乳中でも安心して使用することができると言えますよね。

 

ビューティーオープナーで気になる成分

 

ビューティーオープナーの全成分を見ても、「医薬品」(副作用の可能性もある)に分類されるような薬品は配合されていません。

 

ビューティーオープナーに含まれている成分のほとんどは低刺激の美容成分なので、肌にやさしい美容液だといえます。

 

しかし、いくつか気になる成分が含まれていたので、それらの成分について、説明したいと思います。

 

一つ目の気になる成分は「カンゾウ根エキス」です。

 

カンゾウ根エキスを精製してから安定化して生成する「グリチルリチン酸」は医薬品に指定されていて、服用することで副作用が出ることもあるようです。

 

しかし、美容液として皮膚に塗る場合の副作用は今のところ確認できていないので、肌への問題は特にないでしょう。

 

また、「BG」と「ペンチレングリコール」という成分も少々気になります。

 

「BG」と「ペンチレングリコール」は、高い保水性を持っているので、保湿効果が期待され、肌に潤いを与えます。

 

しかし、この2つの成分は強めの刺激を持ち、添加物として美容液などに使われることがあります。

 

また、多価アルコール類に属していて、化学合成物です。

 

パラベンなどの毒性が強いものとは違い、「BG」と「ペンチレングリコール」は毒性がほとんどないので、そう気にするほどではありませんが、化学合成物に属しているので、敏感肌の人は肌に赤みが出ることもあるようです。

 

そこまで気にする必要はありませんが、強い敏感肌の方は念のため、使用前にパッチテストで試すことをお勧めします。

 

以上を考慮しても、スタッフさんの言う通り、ビューティーオープナーは妊娠中や産後・授乳中でも安心して使用することができると言えます。

 

妊娠中や授乳中でも安心です。

 

いかがでしょうか。

 

妊娠中や授乳中は、食べ物や飲み物だけでなく、化粧品にも気を遣いますよね。

 

実際にビューティーオープナーを使用した私のレビューも下記のページで読めますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

 

.