卵殻膜 アトピー

卵殻膜はアトピーの改善効果もあるって本当!?※成分から徹底リサーチ

アトピーに悩む

 

今回は、卵殻膜のアトピーに対する効果について分かったことをお伝えしていきますね。

 

アトピーに悩んでいる方、悩む方が周りにいる方はぜひお読みください。

 

アトピーに悩む方に朗報!卵殻膜はアトピーにも効果アリ

 

結論からお伝えすると、アトピー性皮膚炎に卵殻膜が良い効果をもたらすということが判明しました。

 

そう言えるのはなぜか、ひとつずつ理由をお伝えしていきます。

 

卵殻膜がアトピー性皮膚炎に良い効果をもたらす理由@

 

卵殻膜には保湿効果の高いヒアルロン酸が入っているです。

 

このヒアルロン酸の保湿作用で、アトピー性皮膚炎によって乾燥してしまった肌に潤いを与えてくれるのです。

 

卵殻膜がアトピー性皮膚炎に良い効果をもたらす理由A

 

卵殻膜には、肌を作り上げる栄養素もたっぷり含まれているんです。

 

人間の肌というのは、何らかの理由で劣化してしまうと垢となって剥がれていくのですが、そこからまた再び作られるという仕組みになっているんです。

 

この肌を構成している栄養素が、ご存知の通りタンパク質です。

 

そして、このタンパク質の中でも最も大切なのがアミノ酸なのですが、卵殻膜にはアミノ酸が18種類も含まれています。

 

その中でもシスチンという成分には、肌を作っていく作用に加えて抗酸化作用や解毒作用もあるので、アトピー性皮膚炎にもしっかりとした効果が期待できるんです。

 

卵殻膜がアトピー性皮膚炎に良い効果をもたらす理由B

 

卵殻膜は3型コラーゲンをサポートする効果も持っています。

 

コラーゲンは美肌効果でも有名ですが、中でも3型コラーゲンは赤ちゃんの肌にたくさん含まれています。

 

あの赤ちゃんの肌のプルプルした潤いは3型コラーゲンによるものなのです。

 

この3型コラーゲンによって、肌のハリ・ツヤを取り戻す効果がもたらされますから、アトピー性皮膚炎にも十分な効果があるとされているんですよ。

 

卵殻膜でアトピー肌の改善へ。

 

さて、参考になりましたか?

 

卵殻膜がアトピー性皮膚炎にも十分な効果があるとお伝えしましたが、卵殻膜は医薬品ではありません。

 

アトピー性皮膚炎の治療をしっかりと行うためにも、まずは皮膚科にかかるようにして、あくまで補助的な手段として検討してみてください。

 

卵殻膜の詳しい効果効能については次のリンク先で読めますので、良かったらチェックしてみてくださいね。

 

 

.