卵殻膜 効果効能

卵殻膜の効果効能のポイントはこの3つ!※成分からアプローチしてみました

割って出している卵

 

卵殻膜が私たちの体にどんな効果をもたらすのか、気になりませんか?

 

ここでは、卵殻膜の効果効能には3つのポイントがあるということと、その具体的な内容をお伝えしていきます。

 

特に伝えたいポイントは主に3つ!卵殻膜の効果効能。

 

調べていくと主に3つのポイントがあることがわかってきました。

 

@自然含有しているアミノ酸はなんと18種類

 

A豊富に含有されているシスチン

 

Bサポート効果のある3型コラーゲン

 

ここからは、それぞれの詳しい説明をしていきますね。

 

@自然含有しているアミノ酸はなんと18種類

 

卵殻膜の主成分は「たんぱく質」です。

 

この中にコラーゲンやヒアルロン酸、それに、人の髪や肌にすごく近い18種類のアミノ酸を自然含有しています。

 

それだけではなく、プロテオグリカンやシアル酸、デスモシン、イソデスモシンなどの美肌成分も含まれています。

 

これらの美肌成分は、みずみずしい弾力のある肌を作るためには欠かせない栄養素なんです。

 

A豊富に含有されているシスチン

 

「シスチン」とは肌や髪を美しく保つ成分です。

 

このシスチンの含有量が卵殻膜はすごく多いのです。

 

「シスチン」は卵殻膜に入っている18種類のアミノ酸のうちの1つなのですが、なんと!卵殻膜に含まれているシスチンは人の肌の5倍!

 

私たちがよく口にする食品で、シスチンが多く含まれているとされるのは大豆や小麦です。

 

しかし、これらと比べても、卵殻膜に含まれているシスチンの量には遠く及びません。

 

このシスチンは、体内で「L-システイン」という成分に変化します。

 

「L-システイン」はシミやそばかす対策の化粧品にも入っていますから、美肌への意識が高い方や、成分などにも目を通す方なら、すでにご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

Bサポート効果のある3型コラーゲン

 

「3型コラーゲン」とは、赤ちゃんの肌にもたくさん含まれている成分で「ベビーコラーゲン」とも呼ばれたりします。

 

この「3型コラーゲン」の主な効果は肌の弾力を保つことです。

 

赤ちゃんの肌を触ったことのある方なら納得ですよね。

 

人の肌の7割くらいは、この3型コラーゲンと1型コラーゲンで作られていますが、「3型コラーゲン」に関しては、残念ながら25歳ごろから徐々に減ってくことが分かっています。

 

この25歳でやってくる「お肌の曲がり角」を迎えてしまうと、肌質が少しずつ硬くなり、皮膚のたるみが出てくるようになり、さらに弾力も失われてしまいます。

 

そこで頼りになるのが卵殻膜。

 

最近行われた研究では、減少していく「3型コラーゲン」を補う効果がある事が分かったのです。

 

肌や髪の美しさを保ち、なおかつ健康面でも良い影響をもたらしてくれる、そんな画期的な成分が卵殻膜なのです。

 

そもそも卵殻膜とは何なのでしょうか?

 

卵殻膜は、卵の殻よりも内側にある薄い膜のことを言います。

 

ゆで卵の殻を剥く時に卵に張り付いているアレですね。

 

卵殻膜がある事で、親鳥が産み落とした卵は、親鳥から栄養をもらったりしなくても、ひな鳥の体を作っていきます。

 

その後、羽毛をつけて、ついには殻を破って出てくるまで成長させる、魔法のようなチカラを秘めているんです。

 

医療の発展している現代でも、お相撲さんは稽古で傷ができた時は、卵殻膜を傷口に貼って治しているんだとか。

 

卵殻膜はずっと生活の知恵として使われてきたそうです。

 

おばあちゃんの知恵袋みたいですよね。

 

ビューティーオープナーは卵殻膜エキスがなんと95%配合!

 

ここまで読んで、いかがでしたでしょうか?

 

この卵殻膜エキスを95%配合したのが、話題の卵殻膜美容液のビューティーオープナーなんです。

 

私のレビューも次のリンク先で読めますので、気になった方はぜひご覧になってみてくださいね。

 

 

.